インプラントについて

静岡 インプラント>上下いずれか全ての歯を失った方へ

上下いずれか全ての歯を失った方へ

ほとんどの歯を失いかけている、または上下いずれかに総入れ歯を使用している状況の患者さんは、 快適に総入れ歯をはめるために様々な挑戦に立ち向かわなければなりません。

下顎の総入れ歯となると上顎の総入れ歯に比べてなおさら不快で、ぎこちなく、しかも顎の骨がやせてしまっている場合がほとんどです。

インプラント治療が最も有効となります。

最近では、このHPのメイントピックスにあるように最新インプラント治療All-on-4(オールオンフォー)といった治療方法が確立され、この状態の患者さんに対しても、最良の治療が選択できます。インプラント治療が一日で終わり、帰宅する時には固定式の総入れ歯で帰っていただき、その日のうちに噛めるようになる方がほとんどです。

予想される問題とそれらを解決する方法を示します。

このAll-on-4の医療情報を通じ、治療を成功に導くため、あなたが最良の選択肢を詳しく理解する手助けになれば幸いです。

上顎
上顎
下顎
下顎

インプラント(人工歯根)に支えられた固定性の総入れ歯

この固定式の総入れ歯は4本またはそれ以上のインプラントにより支持された固定性(取り外しできない)のものです。この治療方法の利点は、前述した入れ歯よりも良好な安定性が得られることです。

固定性の総入れ歯は、患者さんの使用中は固定されていますが、必要に応じ取り外しすることが可能です。注意しておきたい事は、必ずネジ止め構造のインプラント総入れ歯にしておくことです。

その他の接着方式や複雑なインプラント構造物はメインテナンスや再治療を煩雑にします。総入れ歯状態のインプラント治療の成功こそ、歯科医、歯科衛生士、技工士の医院の総合力が問われます。 またこの方法によって顎の骨が長期間にわたって安定することも知られています。

この治療法の欠点は、ごく稀に感染、インプラントの失敗、破損、緩み、または入れ歯の破損が生じることです。強い食いしばりや歯ぎしりも危険度を向上させる要因になります。 インプラント構造物周囲の日常清掃の難しさを経験することがあるかもしれません。
審美的観点からチタン金属が見えないようにするためレジン樹脂を厚く盛る場合があります。
会話しづらいと感じるかもしれません。
発音する際に、入れ歯の下の部分から空気が漏れることもあります。
多くの患者さんは一定期間練習するか調整することにより、次第に正常な発音が出来るようになります。しかし、たまにこれら発音に関する問題が持続することもあります。


▲静岡のインプラント 麻生歯科クリニックのページ先頭へ